相続した不動産を売却するときの流れと遺産分割協議とは?

2022-04-05

相続した不動産を売却するときの流れと遺産分割協議とは?

親や親族から相続した不動産は、どのように売却をおこなうのでしょうか。
また、相続した不動産を売却するときは、「遺産分割協議」も必要です。
そこで、練馬区や板橋区、足立区で相続した不動産の売却を検討中の方に向けて、流れと「遺産分割協議」とは何かご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産を売却するときの流れ

相続した不動産は以下のような流れで売却をおこないます。

  • 死亡届を出す(7日以内)
  • 遺言書の確認、ない場合は相続人の確認が必要
  • 遺言書に従って分割・ない場合は遺産分割協議
  • 名義の変更
  • 査定・売却

不動産を売ってその利益を相続人で分ける換価分割をおこなう場合は、売却後に得た利益を分割します。
また、遺言書がない場合では相続人を確認して遺産分割協議をおこなう必要があるなど、遺言書の有無によって手順が多少異なります。
相続人の確認をするためにはすべての相続人の戸籍謄本を集めなければならず、転居が多い場合など時間がかかる可能性もあるため、早めにおこなうことが必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

相続した不動産の売却に必要な「遺産分割協議」とは

相続した不動産を売却する場合に必要な「遺産分割協議」とは何か、また注意点や押さえておきたいポイントをご紹介します。

遺産分割協議とは

「遺産分割協議」とは、すべての相続人で遺産の分割について話し合いをおこなうことを意味し、内容を文書にまとめたものを遺産分割協議書と呼びます。
話し合う具体的な内容は、「誰が」「どの財産を」「どのような割合で」相続するかであり、お金だけでなく不動産や株式などの有価証券についても話し合いが必要です。

注意点と押さえておきたいポイント

「遺産分割協議」は原則としてやり直しはできませんが、新たに財産や相続人が見つかった場合はもう一度おこなうことになるので注意が必要です。
また、相続人が未成年の場合は法定代理人が話し合いに参加することにも気を付ける必要があります。
「遺産分割協議」をスムーズにおこなうために以下の4点を押さえておきましょう。

  • 相続人の確認
  • 相続財産を明確にする
  • 話し合いは相続人全員でおこなう
  • 遺産分割協議書には「誰が」「どの財産を」「どのような割合で」を明確に記す

相続人や相続財産を明確にしておくとやり直す可能性が低くなり、また遺産分割協議書を作成するとトラブルを防ぐこともできます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

相続した不動産を売却するときの流れと、このとき必要となる「遺産分割協議」をご紹介しました。
ポイントを押さえると相続でのトラブルは避けられ、スムーズに売却をおこなうことも可能です。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ