不動産が売れない原因とは?試したい改善案もご紹介!

2022-04-12

不動産が売れない原因と改善案とは?練馬区を中心に不動産売却をサポート!

不動産がなかなか売れない場合、固定資産税や経費がかかり、金銭的な負担が続きます。
また、不動産が売れないことへの焦りや不安も大きくなるでしょう。
不動産が売れない原因を探り対策を講じることで、スムーズに不動産を売却できる可能性が高まります。
そこで、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産売却をサポートしている弊社が、不動産が売れない場合の改善案をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産がなかなか売れない原因とは?

不動産が売れない場合には、下記のような原因が考えられます。

販売価格に問題がある

売主が希望する販売価格が不動産の状態や立地条件に合っていなければ、買い手はなかなかつきません。

立地が不便

周辺に駅、コンビニ、スーパーマーケットなどの生活に必要な施設がない場合、立地以外の条件で物件の魅力を伝える必要があります。

築年数が経っている

築年数が経過している物件は、購入後に耐震工事や修繕が必要になるケースがあるため、買い手がなかなかつきません。

内覧時の印象が悪い

内覧時に家の中が片付いていない、売主の態度が悪いなど、売主側の問題が原因で買い手が付かないケースもあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の改善案

不動産が売れない原因を踏まえ、改善案を考えます。

販売価格を見直す

販売価格が周辺の相場よりも高い場合、適正な価格に設定し直しましょう。
また、販売価格を設定する場合、立地条件や築年数なども考慮する必要があります。

内覧時の印象が良くなるように、掃除やリフォームをする

室内を整え、水まわりもきれいに掃除します。
壁紙やフローリングに目立つ汚れや傷がある場合は、簡単なリフォームをすると良いでしょう。
早期売却のために事前にできることもあります。
それは、自分で相場を調べることです。
相場などの不動産の価格情報は、不動産取引情報提供サイト「レインズ・マーケット・インフォメーション」や「土地情報総合システム」などで確認することができます。
また、不動産売却では、売り急がないことも大切です。
早期売却だけを目標にしていると、希望の価格で売却できなかったり、購入希望者から値引き交渉をされたりすることがあります。
差し迫った事情がなければ、急がずに少しでも希望に近い価格で売却できるように買い手を探すことをおすすめします。
不動産取引が活発になる2月~3月頃や8月~9月頃まで待ってから売却活動をするのも1つの方法です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

「不動産が売れない」とお悩みの方は、原因を探り改善案を考えることで、スムーズに売却できる可能性が高まります。
ただし、不動産売却にはある程度の時間がかかるため、焦らずに売却活動を続ける必要があります。
不動産を売却予定の方や査定を依頼したい方は、ぜひ弊社にお問い合わせください。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ