不動産売却時におこなう「インスペクション」とは?目的や費用をご紹介!

2022-04-12

不動産売却時におこなう「インスペクション」とは?目的や費用をご紹介!

近年、不動産を売却する際におこなう「インスペクション」の重要性が高まっています。
インスペクションとは、建物の状態を把握するためにおこなう、住宅に関する調査のことです。
では、インスペクションを実施することで、不動産売却にどのような効果があるのでしょうか。
練馬区・板橋区・足立区で不動産売却をサポートしている弊社が、インスペクションの目的や費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際に必要な「インスペクション」とは?

インスペクションとは、不動産を売却する際に建物の劣化状態や欠陥の有無、修繕が必要な場所などを調べる住宅診断のことです。
買主は、インスペクションの結果から建物の状態を把握したうえで購入できます。
売却する不動産に何らかの欠陥がある場合、売主は買主に対して、事前に欠陥や問題点を知らせなければなりません。
万が一、不動産売買契約後に建物の欠陥が見つかった場合、売主は「契約不適合責任」を問われ、損害賠償などを請求されることがあります。
そのため、インスペクションの実施は売主にもメリットがあると言えるのです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

メリットはある?不動産売却でインスペクションをする目的

インスペクションは、建物の状態を把握するだけではなく、下記の目的でもおこなわれます。

不動産の価値を高める

たとえ築年数の古い建物であっても、インスペクションの結果によっては相場よりも高く売れる可能性もあるのです。

早期売却をめざす

「インスペクション済み物件」として売り出した場合、中古住宅に対する不安が払拭されるため、買い手が早く見つかる可能性が高まります。

売却後のトラブル防止

インスペクションの結果、雨漏りやシロアリの問題などが見つかることがあります。
補修が必要になったり、最悪の場合売却できなかったりするケースもあるでしょう。
しかし、インスペクションを実施せずに売却してしまい、不動産売買契約後に建物に問題が見つかると、大きなトラブルになります。
インスペクションは、不動産売買後のトラブルを回避するためにも必要な調査だと言えます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の際におこなうインスペクションにかかる費用

一戸建て住宅のインスペクションの費用相場は、5万~7万円程度です。
ただし、天井裏や床下の調査をおこなう場合は、追加料金がかかることがあります。
また、多くの機材を使用して診断した場合、10万円以上必要になることもあります。
インスペクションの費用は、売主が実施した場合は売主が負担し、買主が実施した場合は買主が負担します。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

インスペクションを実施することで、中古住宅につきものの建物に関する不安を払拭できます。
また、インスペクションの結果次第では、早く買い手が見つかる可能性もあります。
売却予定の建物の状態に不安のある方は、ぜひ弊社にご相談ください。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ