不動産を売却する際に周りの人に気づかれない方法とは

2022-04-19

不動産を売却する際に周りの人に気づかれない方法とは

この記事のハイライト
●不動産売却を気付かれないための媒介契約は専任媒介契約か専属専任媒介契約
●不動産の売却活動において直接買取は周りに気付かれない可能性が高い
●不動産の売却に期間は売却方法によって違う

不動産の売却を検討する場合、「どうしても周りの人に知られたくない」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
個人情報保護の観点からも、近年は不動産の売却をなるべく気付かれずにおこないたいというニーズが増えています。
それでは、不動産の売却をおこなう場合、どうすれば周りに気付かれず売却を完了できるでしょうか。
不動産会社に売却の仲介を依頼する場合の媒介契約の種類、その他の売却活動方法や売却期間を中心にご説明いたします。
練馬区、板橋区および足立区周辺で不動産の売却を気付かれずにおこないたい方は、ご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却を気付かれずにおこなう場合の媒介契約とは

不動産の売却を気付かれずにおこなう場合の媒介契約とは

不動産の売却をおこなう方法の一つが、不動産会社に仲介を依頼して、買い手を見つけてもらう方法です。
その際に、不動産会社に売却を依頼するという媒介契約を結ぶことになります。
媒介契約には3種類あり、どの媒介契約が不動産の売却を気付かれずにおこなうことに適しているか、ご説明いたします。

媒介契約とは

不動産の売却をおこなう場合、一般的に不動産会社に依頼をして買い手を見つけます。
不動産売却の仲介を依頼する不動産会社が決まったら、その不動産会社と締結するのが媒介契約です。
媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。
また、不動産の売却が無事おこなわれた場合、媒介契約を結んだ不動産会社に仲介手数料を払う必要があります。
仲介手数料の目安は、以下の通りとなります。

  • 200万円以下の部分…不動産売買金額の5%以内
  • 200万円超400万円以下の部分…不動産売買金額の4%以内
  • 400万円超の部分…不動産売買金額の3%以内

売買金額が400万円を超える場合は、以下の計算式で仲介手数料を求められます。
仲介手数料=(不動産売買金額×3%+6万円)+消費税
次に、不動産売却を気付かれずにおこなうためには、どの媒介契約が良いかご説明いたします。

一般媒介契約とは

一般媒介契約とは、複数の不動産会社に仲介を依頼することができる契約です。
一般媒介契約は売却の期間の定めがなく、自由度の高い媒介契約となります。
また、不動産会社は、不動産会社のみが閲覧できる指定流通機構(レインズ)への不動産情報の登録義務はなく、依頼者に対する報告義務もありません。
一般媒介契約は自由度が高い分、不動産の情報の拡散をコントロールできない場合もあり、周りに不動産売却を気付かれる可能性は高いといえるでしょう。

専任媒介契約とは

専任媒介契約とは、1社のみに仲介を依頼する媒介契約です。
また、ご自身でも売却先を探すことが可能です。
不動産会社は指定流通機構(レインズ)に7営業日以内に不動産情報を登録することが義務付けられており、2週間に1度以上販売状況を依頼者に報告する義務があります。
専任媒介契約を選ぶ場合、不動産売却を気付かれないようにするには、不動産情報ポータルサイトへの掲載は不可にしてもらいましょう。
指定流通機構(レインズ)に登録する際に「広告転載区分」を不可にしてもらえば、不動産売却が気付かれない可能性は高まります。
専任媒介契約においては、不動産会社は定期的な報告義務があり、不動産会社と依頼者がコミュニケーションをとる頻度も高いため、不動産売却を気付かれないよう売却活動をしてもらうよう働きかけることも可能です。

専属専任媒介契約とは

専属専任媒介契約とは、1社のみに仲介を依頼する媒介契約で、ご自身で売却先を探すこともできません。
不動産会社は指定流通機構(レインズ)に5営業日以内に不動産情報を登録することが義務付けられており、1週間に1度以上販売状況を依頼者に報告する義務があります。
媒介契約の中で、不動産会社は一番制約がありますが、売却の依頼主にとっては、専任媒介契約以上に不動産会社とのコミュニケーションの頻度が増えるため、不動産売却が気付かれない可能性が高くなるでしょう。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因とは?試したい改善案もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却を気付かれずにおこなう場合の売却活動とは

不動産の売却を気付かれずにおこなう場合の売却活動とは

ここまで、不動産会社と媒介契約を結んで、周囲に気づかれずに売却活動をおこなう方法をご説明いたしました。
ほかにも、周囲に気づかれずに売却活動をおこなう方法はあるのでしょうか。
この章では、不動産会社に不動産を買い取ってもらう方法をご紹介いたします。

不動産会社に買い取ってもらうには

不動産の売却活動をするうえで、検討したい方法が不動産会社による「直接買取」です。
直接買取とは、不動産の広告をして買い手を探さず、直接不動産会社に買い取ってもらう方法です。
不動産売却検討者と不動産の直接買取をする不動産会社しか売却情報を知ることはできないため、周囲に気付かれずに売却活動をおこなうことができます。
この売却活動をとることで、売却する不動産の宣伝や広告がされることもなく、一般に公開される可能性はほぼなくなります。
また、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要がないため、仲介手数料もかかりません。

不動産会社に買い取ってもらう上での注意点

それでは、不動産会社に直接買取をしてもらう上で気を付けるべきことをご説明いたします。
不動産の売却活動の際に、直接買取をおこなう不動産会社を見つける方法がわからないということがあります。
お住まいの地域の不動産会社に買取をおこなっているか相談することが近道です。
また、不動産会社による直接買取の場合、市場価格の7~8割の金額での買取が相場となります。
不動産会社は、買取をした後リノベーションをして再販をおこなうケースが多く、市場価格より低い金額となります。
低い金額となりますが、契約不適合責任なしの契約がほとんどとなり、現況のまま不動産を引き渡すことができるのです。
契約不適合責任なしであれば、契約書に記載のない欠陥に対しての責任や保証を負わなくて良いこととなります。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因とは?試したい改善案もご紹介!

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を気付かれずにおこなう際の期間はどれくらいか

不動産売却を気付かれずにおこなう際の期間はどれくらいか

最後に、不動産売却をおこなう上で、ここまでご説明した売却活動にどれくらいの期間がかかるかをご説明いたします。
媒介契約の場合は、売却を開始して条件交渉まで約3~6か月の期間がかかります。
買い手を探す作業に最も期間を要し、そこから条件交渉もおこないますので上記の期間が一般的です。
条件交渉が終わり、引き渡しまでは約1か月の期間がかかります。
また、売却の時期や売却する不動産のエリア、物件価格などで期間がどれくらいかかるか変わるでしょう。
直接買取の場合は、買い手を探す必要がないため、不動産会社が不動産の情報を収集して、状況を把握する時間が売却期間の大半となります。
不動産会社にもよりますが、最短で3日~1週間で売却までおこなうことができる場合もあります。
買取を検討する場合、買取をしてもらう不動産会社に期間のご相談をしてみましょう。

こちらの記事も読まれています|不動産が売れない原因とは?試したい改善案もご紹介!

まとめ

この記事では、不動産売却を気付かれずにおこなう方法をご説明いたしました。
ご自身の売却活動の方針に沿って、不動産会社と媒介契約を結んで売却をおこなうか、直接買取で売却をおこなうかご検討ください。
住宅市場では、不動産の査定や買取もおこなっております。
練馬区、板橋区および足立区周辺で不動産の売却を気付かれずにおこないたい方は、ぜひ住宅市場までご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ