不動産売却が長引く原因とは?売却期間や対処法も解説

2022-04-19

不動産売却が長引く原因とは?売却期間や対処法も解説

この記事のハイライト
●不動産売却が長引いてしまう原因を把握しておく
●一般的な不動産売却期間は3~6か月
●不動産売却が長引かないための対処法を知っておく

不動産の売却をする際、「売却期間が長引いたらどうしよう…」「できるだけ早く売却をしたい…」と悩まれている方は多いのではないでしょうか。
不動産の売却をおこなう際、売却が長引いてしまう原因はいくつかあります。
この記事では、不動産売却が長引いてしまう原因や売却までの期間、対処法をご紹介いたします。
練馬区、板橋区、足立区周辺の不動産の売却を検討されている方は、ご参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引いてしまう原因とは

不動産売却が長引いてしまう原因とは

不動産売却をおこなう際、売却までに期間が長引いてしまう原因にはどのようなものがあるでしょうか。
この章では、一般的な売却の期間をご紹介して、どのような原因で売却が長引いてしまうかをご説明いたします。

一般的な不動産売却期間

一般的な不動産の売却期間は、約3~6か月といわれています。
不動産売却を決めてから、情報収集をおこない、不動産の売却を依頼する不動産会社を絞り込んでいきます。
ここまでの期間で約1か月かかると見込んでおきましょう。
次に不動産会社と媒介契約を結び、売却活動を始めます。
インターネットの不動産ポータルサイトやチラシなどで買い手を見つけて、細かい条件の交渉などをおこないます。
売却開始から条件交渉の期間は、短ければ3か月、長ければ6か月ほどです。
買い手と条件がまとまれば契約締結をして、決済をおこない不動産の引き渡しをおこないます。
契約締結から引き渡しまでが約2週間~1か月かかります。
上記の通り、不動産売却を決めてから、スムーズにいけば約3~6か月で不動産の引き渡しをおこない、売却完了です。
しかし、不動産に売却が長引いてしまう原因があれば、期間はもっとかかってしまいます。
それでは、不動産の売却が長引いてしまう原因はどのようなものがあるでしょうか。

土地の場所や形状が売れにくい

売却を検討している不動産が土地の場合、場所や形状で売却までの期間が長引いてしまう可能性があります。
土地が田舎やアクセスの悪い場所にあり需要が少ない場合や、土地の形状が建物を建てづらい場合などが原因として挙げられます。
また、近隣に暴力団事務所、ガソリンスタンド、葬儀場、ごみ処理場などがある場合も、土地の需要は少なくなってしまい、売却期間が長引く可能性は高いです。
ほかにも、土地の区分が農地である場合は宅地に区分変更をしなければ建物は建てられない場合や、市街化調整区域であればそもそも建物が建てられないなどの制限が加わります。
上記の場合、法的な手続きが必要となるため、売却期間が長引く可能性は高いでしょう。
売却を依頼する不動産会社に相談をしながら、少しでも売却期間が短くなるようにする必要があります。

相続や離婚の場合の不動産売却

土地の性質が、不動産売却を長引かせてしまう原因となることをご説明しましたが、所有者の状況によっても売却が長引いてしまう可能性があります。
相続した不動産を売却する場合は、その不動産を相続人全員でどのように分割するかなど決める必要があります。
遺産分割協議が長引いてしまう場合、その分、不動産売却期間は長引いてしまうでしょう。
また、離婚する場合においても、財産分与の方針が決まらない場合、不動産売却が長引いてしまう原因となります。

不動産の売却価格が高い

不動産の売却を設定する際、高い金額で売却をしたいと考える場合が多いでしょう。
しかし、不動産の売却価格はエリア、立地、土地の形状や建物の築年数や間取りで大きく変わってきます。
買い手のニーズとずれている価格設定をしてしまうと、買い手が見つからず売却期間は長引いてしまいます。

売却するタイミングがずれている

不動産は売れにくい時期があり、一般的に夏や冬は不動産が売れにくいとされています。
春は新生活が始まる方が多く、引っ越しや転勤などで不動産の動きは活発です。
不動産の売れにくい時期に売却を開始してしまうと、売却が長引いてしまう原因となります。

こちらの記事も読まれています|早く不動産売却をしたい方向け!早く売却する方法や注意点をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却のおいての期間はどれくらいか

不動産売却のおいての期間はどれくらいか

この章では、不動産売却にかかる期間はどれくらいか、細かくご説明いたします。

不動産売却検討から売却依頼する不動産会社決定までの期間

不動産売却のスタートは、該当する不動産の資料の収集や、ご家族と売却の方針について話し合っておく必要があります。
売却方針が決まったら、売却を依頼する不動産会社を選定しましょう。
不動産会社が決まったら、次に不動産会社と媒介契約を結びます。

不動産会社と媒介契約を結んで売却活動をおこなう期間

不動産会社が決まれば、不動産の買い手を見つけるために仲介をしてもらうための媒介契約を結びます。
媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約があります。
一般的に、専任媒介契約、専属専任媒介契約の方が、売却期間は長引くことは少ないです。
媒介契約を結んだあとは、不動産会社が売却する不動産の情報を細かく取集し、様々な方法で買い手を見つけて、条件交渉をおこないます。
売り手と買い手の条件が一致すれば、不動産売買の契約をおこないます。

売買契約を結んでから引き渡しまでの期間

売買契約を結んだあと、買い手が住宅ローンを使用して購入する場合、金融機関のローンに審査が2週間から1か月ほどかかります。
金融機関からローンの承認がおりたら、決済日を決定して、不動産の引き渡しとなります。
この章でご説明したように、不動産売却検討から不動産の引き渡しまで、およそ3か月から6か月の期間を要する場合が一般的です。

こちらの記事も読まれています|早く不動産売却をしたい方向け!早く売却する方法や注意点をご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引いてしまう場合の対処法

不動産売却が長引いてしまう場合の対処法

不動産売却が長引いてしまう原因や期間をご説明いたしましたが、売却を長引かせないためにはどのような対処法があるでしょうか。

不動産の売却価格を見直す

不動産売却が長引いてしまう対処法として、不動産の売却価格を見直す方法があります。
需要と供給がマッチしないと、なかなか不動産の売却は難しいです。
不動産の売却価格は、不動産会社と話し合い、適正価格に設定しましょう。
地域の不動産市場に詳しい不動産会社であれば、適正価格を提示できるでしょう。

土地や建物をきれいにしておく

買い手が不動産を内覧する際に、土地にごみが落ちていたり、雑草が生えていると、購買意欲は下がってしまいます。
また、建物の場合も不動産が商品として見栄えが良いようにきれいにしておくことも、売却を長引かせないための対処法となります。

売却しやすい時期を把握しておく

先ほどご説明したように、不動産は春や秋に売れやすくなります。
売却を開始する時期をその時期に設定できるよう、早めに不動産会社に相談をしましょう。

不動産会社の買取も視野に入れる

不動産会社によっては、その会社自体が不動産の買取をおこなう場合があります。
不動産会社が買い取る場合、最短で3日~1週間で売却までおこなうことができる場合もあります。
また、仲介手数料もかからないため、売却を長引かせないための対処法としてご検討するのも良いでしょう。

こちらの記事も読まれています|早く不動産売却をしたい方向け!早く売却する方法や注意点をご紹介

まとめ

この記事では、不動産売却が長引いてしまう原因や期間、対処法についてご説明いたしました。
少しでも早く売却ができるよう、不動産会社や関係者と連携をとって売却を進めていきましょう。
住宅市場では、不動産の査定から、不動産の買取までおこなっております。
練馬区、板橋区、足立区周辺の不動産の売却を検討されている方は、ぜひお問い合わせください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ