空き家を売りたい!そのまま?更地?メリット・デメリットを解説

2022-04-26

空き家を売りたい!そのままで売る?更地にする?それぞれのメリット・デメリットについて

空き家を売却する際に、そのままで売るか更地にしてから売るかお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
この記事ではそんなお悩みを解決するためにそれぞれのメリット・デメリットについて解説していきます。
空き家の売却でお悩みの方、ぜひご参考ください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!そのままで売るメリット・デメリット

そもそも空き家とは「1年以上誰も住んでいない状態」、「1年以上何も使われていない状態」の住宅のことを言います。
空き家をそのままで売るメリットとデメリットには以下のようなことが挙げられます。
メリット
売却のための出費を抑えることができる
更地にして売却する際には解体費用がかかりますが、そのままの状態で売却する場合にはその費用を抑えることができます。
固定資産税が安くなる
土地に建物が立っている場合には、「住宅用地の軽減措置特例」が適用され固定資産税が安くなります。
住宅用地であれば、課税標準を3分の1に減額するほか、200㎡以下の部分に対する課税標準は6分の1に減額することとされています。
デメリット
買い手が付きにくい
建物の状況が悪い場合などには、なかなか買い手が現れない可能性もあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を売りたい!更地にして売るメリット・デメリット

次に更地にして売却するメリットとデメリットについてみていきます。
メリット
流通性が高い
すぐに着工できるなどの理由から、新築を検討している買主に更地は人気があります。
管理をする必要がない
不動産の売却が完了するまでには、早くても3~6ヶ月ほどかかります。
空き家をそのままの状態で売る際にはその間も、定期的に空き家を訪れ清掃や換気などのメンテナンスを行う必要があります。
更地にしておけば、たとえ売却に時間がかかったとしても管理の手間が省けますし、空き家が原因のトラブルなども防ぐことができます。
デメリット
費用がかかる
更地にするために解体費用がかかる点はデメリットと言えるでしょう。
建物の状況によって費用は異なりますが、一般的な相場は以下のとおりです。
40坪:80~120万円
50坪:100~150万円
60坪:120~180万円
自治体によっては空き家の解体費用に補助金が使える場合もあるため、更地にするお悩みの際には一度自治体に問い合わせてみることをおすすめします。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は空き家をそのまま売る場合と更地にして売る場合のメリットとデメリットについてご紹介しました。
空き家の売却をご検討中の際のご参考になれば幸いです。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ