不動産を売却すると消費税は課税される?消費税計算時の注意点も解説!

2022-05-10

不動産を売却すると消費税は課税される?消費税計算時の注意点も解説!

不動産を売却したときに、消費税が課税されるケースと課税されないケースがあるのをご存じでしょうか?
個人での取引なのか、法人の取引なのかによっても違います。
この記事では、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産売却をご検討している方へ向けて、不動産売却時の消費税や計算時の注意点について解説いたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却したときに消費税の課税対象になるケースとは?

消費税は、事業者が納める税金のことで、基本的には法人と個人事業主以外は課税されません。
そのため、個人がセカンドハウスや別荘を含めた不動産を売却しても、消費税は非課税です。
しかし、個人の売却であっても、消費税の課税対象になる以下のような費用があるため、しっかりと理解しておく必要があります。

不動産会社へ支払う仲介手数料

不動産会社へ仲介の依頼をして不動産を売却をした際に、成功報酬として支払う仲介手数料には消費税が課税されます。

住宅ローンの一括繰上返済手数料

不動産の売却代金で住宅ローンの残金を完済する場合は、繰上返済手数料に消費税が課税されます。

抵当権抹消登記を依頼した際の司法書士報酬

住宅ローンを一括返済したあとには、抵当権を抹消しなければなりませんが、手続きを司法書士へ依頼するのが一般的です。
このときに司法書士へ支払う報酬にも消費税が課税されます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時における消費税の計算方法とは?

では、課税対象者が不動産売却をすることを想定して、具体的な消費税の計算方法を見ていきましょう
たとえば、売却金額が4,500万円(土地価格:2,500万円、建物2,000万円)の一戸建てを売却した場合、次のように計算します。

  • 土地:2,500万円(非課税)
  • 建物:2,000万円×消費税(10%)=2,200万円
  • 合計:4,700万円

注意点として、消費税は建物にのみ課税されることが挙げられます。
土地にも課税されると勘違いしないように注意しましょう。
また、不動産価格は税込みで表示されますが、仲介手数料は税抜価格をもとに計算するため注意が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

個人が不動産を売却する際には、土地と建物は非課税ですが、仲介手数料や司法書士報酬などには消費税がかかります。
また、課税対象者が一戸建てを売却した場合、土地は非課税であることを覚えておきましょう。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ