不動産売却の流れを覚えよう!媒介契約と売却活動についてもご紹介!

2022-05-24

不動産売却の流れを覚えよう!媒介契約と売却活動についてもご紹介!

不動産売却は、いくつかの手順に沿って手続きが進んでいきます。
売却が完了するまで数か月かかるため、計画的に不動産売却を進めなければなりません。
そこで、不動産売却の基本的な流れと、不動産を売却する際に覚えておきたい媒介契約についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の流れと覚えておきたい媒介契約について

不動産を売却したい場合、まずは不動産会社に査定を依頼します。
不動産査定は、売り出し価格を設定する際や売却を依頼する不動産会社を選ぶ際の決め手になります。
査定の依頼は、不動産売却において重要な工程の1つです。
査定結果に納得した場合、不動産会社と媒介契約を結び、買い手を探すための売却活動が始まります。
買い手と不動産売買契約を結び、不動産を引き渡せば売却は完了します。

3つの媒介契約の違い

不動産会社に不動産売却を依頼する際、売主は不動産会社と「媒介契約」を結びます。
この媒介契約には、以下の3種類があります。
専属専任媒介契約
専属専任媒介契約とは、契約を結んだ不動産会社にのみ、不動産売却を依頼できる契約です。
そのため、売主が自ら買主を探して不動産売買契約を結ぶ「自己発見取引」はできません。
専任媒介契約
専任媒介契約では、専属専任媒介契約と同様に、1社にのみ不動産売却の依頼が可能な契約です。
専属専任媒介契約とは異なり、「自己発見取引」が可能です。
専属専任媒介契約または専任媒介契約を締結した場合、国土交通大臣が指定した不動産流通機構が運営する「レインズ」に物件の情報が登録され、インターネットで公開されます。
一般媒介契約
専属専任媒介契約や専任媒介契約と異なり、複数の不動産会社に同時に不動産売却を依頼することができます。
買い手が早く見つかる可能性もありますが、複数の不動産会社とのやり取りが必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却を検討中の方は確認を!不動産売却活動の流れ

媒介契約を締結後、不動産会社は売主に代わり、買主を探すために不動産売却活動をおこないます。
具体的には、物件や内覧の情報を広告やインターネットに掲載します。
売主は買主が見つかるまで、何もしなくても良いわけではありません。
購入希望者が実際に物件を見に訪れる「内覧」に備え、室内をきれいに整えておくなどの準備が必要です。

不動産売却活動の流れ

不動産会社と媒介契約を締結後、売却活動がスタートします。
不動産会社は広告などを作成し、内覧希望を募ります。
売主は、売り方の希望や不動産売却において重要視したいことがあれば、不動産会社に伝えておきましょう。
たとえば、希望の売却価格や売却の時期などを伝えます。
買主が見つかったら、不動産売買契約を結びます。
決済を終えて不動産を引き渡せば、売却は完了です。
通常、不動産の売り出しから不動産売買契約の締結まで、最短でも6か月ほどかかります。
不動産の引き渡しまでに時間を要することもあるため、実際には7~8か月ほどかかる可能性があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

はじめて不動産を売却する場合、どのような手順で手続きを進めれば良いのかわからない方が多いのではないでしょうか。
まずは、不動産売却の流れや売却が完了するまでにかかる期間など、基本的なポイントを押さえておきましょう。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ