家に住みながら不動産売却したい!成功のための注意点やコツを解説

2022-05-24

家に住みながら不動産売却したい!成功のための注意点やコツを解説

この記事のハイライト
●住みながら不動産売却をおこなう方法のメリットは、手元の資金が少なくても住み替えがしやすいこと
●住みながら不動産売却をおこなう際の注意点は、内覧対応や新居探しなど、しっかりと準備しておくこと
●住みながらの不動産売却を成功させるためには、物件を整えておくことはもちろん内覧の際の気遣いも大切

不動産売却の際は、必ずしも不動産を空の状態にしなければならないわけではありません。
家に住みながら売却手続きを進めることも可能です。
そこで今回は、家に住みながら不動産売却をおこなう方法や注意点、成功のためのコツについてご紹介します。
練馬区・板橋区・足立区で不動産売却を検討中の方は、ぜひ今後の参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

家に住みながら不動産売却をおこなう方法のメリット・デメリット

家に住みながら不動産売却をおこなう方法のメリット・デメリット

家に住みながらの不動産売却は、実際に多くの方が選択している方法です。
仮に住宅ローンが残っている場合でも、売却金で完済できれば問題はありませんので、住みながら売却することが可能です。
それでは、家に住みながら不動産売却をおこなう方法のメリット・デメリットを見ていきましょう。

住みながら不動産売却をおこなう方法のメリット

まずは、住みながら不動産売却をおこなう方法のメリットをご紹介します。
売却金を住み替えの資金に充てられる
大きなメリットとなるのは、売却金を住み替えの資金に充てられることです。
住みながら売却する方法では売却したあとに新居を探すため、売却金を住宅ローンの返済や新居の購入費用として使用できます。
新居を先に購入すると、ローンが残っている場合は売却が完了するまでダブルローンになり、費用の負担が大きくなってしまいます。
しかし、住みながら売却する方法なら旧居と新居の両方の負担を抑え、資金面でゆとりをもって売却手続きを進められるでしょう。
そのため、手元に資金が不足していると感じる方も新居を購入しやすいと言えます。
買い手に物件の魅力をアピールしやすい
住みながら売却する方法であれば、内覧の際に買い手とのコミュニケーションの機会が増えます。
そのため、買い手との信頼関係を築きやすいこともメリットです。
内覧では居住者にしかわからない物件の魅力や周辺環境の情報などもアピールでき、スムーズな売却につながります。
売り手の顔や人柄がわかっていると、買い手も安心して取引できるでしょう。

住みながら不動産売却をおこなう方法のデメリット

住みながら売却する方法にはメリットだけでなく、次のようなデメリットも見られるため、注意が必要です。
内覧のために予定を調整しなければならない
内覧の予約はいつ入るかわからず、売却のためには急な予約の場合でも対応しなければなりません。
内覧希望は週末に連絡がくることも多く、予定の調整が大変になる可能性もあります。
生活感がありすぎると売れにくい
物件によっては家具や雑貨、日用品などが多く、生活感がありすぎるため、買い手への印象が良くない場合があります。
このような物件の場合は、なかなか売れない可能性も考えられます。
ただし、適度な生活感なら買い手が新生活をイメージしやすく、逆に好印象を与えられるでしょう。

この記事も読まれています|終活で押さえておきたい!相続後に空き家になった際の管理方法やデメリット

\お気軽にご相談ください!/

家に住みながら不動産売却をおこなう際の注意点

家に住みながら不動産売却をおこなう際の注意点

続いて、家に住みながら不動産売却をおこなう際の3つの注意点についてご紹介します。

注意点①内覧対応のために常に準備しておく

住みながら不動産売却をおこなう場合は、まだ生活している住居内に内覧希望者を案内する必要があります。
しかし、物件の内外が散らかっていたり、汚れていたりすると買い手に良いイメージを与えません。
内覧希望の連絡はいつくるかわからないため、不動産売却のチャンスを逃さないためにも常に対応できるよう準備しておくことが大切です。

注意点②引っ越し先は早めに探しておく

売却手続きが進み、買い手が決まったら、なるべく早めに引き渡しをしなければなりません。
ただし、新居の購入や引っ越しの段取りには時間がかかるため、売買契約から引き渡しまでの期間を3か月から6か月程度で設定するケースもあります。
新居は探し始めてからすぐに見つかるとは限らないので、売却手続きと並行して進めておくことをおすすめします。
新居が決まらないまま引き渡しの期日になってしまうと、仮住まいが必要になるため、注意しましょう。

注意点③リースバックという売却方法もある

売却金で住宅ローンの完済が難しい場合は、リースバックという選択肢もあります。
リースバックとは、売却相手と賃貸借契約を結び、売却したあとも引き続き同じ不動産に居住できる売却方法のことです。
売却によって所有権がリースバックをおこなう不動産会社に移転しますが、将来的に買い戻しができる場合もあります。
金融機関に同意を得てローンが残った状態でも売却が可能となる任意売却と組み合わせることによって、家に住みながら不動産売却を進められます。
このように、住みながらの売却をスムーズに進めるためには、さまざまな事柄に注意することも大切です。

この記事も読まれています|終活で押さえておきたい!相続後に空き家になった際の管理方法やデメリット

\お気軽にご相談ください!/

家に住みながら不動産売却を成功させるには?

家に住みながら不動産売却を成功させるには?

最後に、家に住みながら不動産売却を成功させるためのコツについてご紹介します。
少しでも高く、早く売却するために、ぜひ実践してみてください。

成功のコツ①物件をきれいにしておく

内覧から契約につなげるためには、物件の印象を良くする必要があります。
そのため、物件は内覧前にきれいに整えておくことが大切です。
部屋やバルコニー、庭の掃除を念入りにしておきましょう。
物件が汚れていた場合、値引き交渉を持ちかけられる可能性もあります。
とくに水回りは汚れがたまりやすいうえに、買い手も注目する場所です。
自分できれいにすることが難しければ、プロにハウスクリーニングを依頼するのも良いでしょう。
また、新居で使う予定のない家具などは、内覧前に処分しておくことをおすすめします。
家具などが減ると部屋が広く見え、物件への印象がアップしやすいためです。
さらに、ホームステージングを検討するのも良いかもしれません。
ホームステージングとは、プロに依頼して部屋のインテリアを整えることを指します。
モデルルームをつくってもらうイメージです。
ホームステージングをおこなうと、売却までのスピードが早くなったという調査結果も出ています。

成功のコツ②内覧希望者に渡す資料を作成する

新築時のパンフレットを探したり、売り手が自分で資料をつくっておいたりすると、ほかの物件との差別化にもつながり、印象が良くなります。
とくに間取り図などが喜ばれるでしょう。

成功のコツ③土日の予定はなるべくあけておく

内覧希望は週末に集中するため、売却期間中の土日の予定はなるべくあけておくと、売却のチャンスを逃さずにすむでしょう。

成功のコツ④ニオイ対策も万全にしておく

意外に見落としがちなのが、ニオイ対策です。
内覧前にしっかりと換気をおこなったり、芳香剤などを置いたりして対策しましょう。
ペットやタバコのニオイがとくに気になる場合は、ハウスクリーニング会社が請け負ってくれる場合もあります。

成功のコツ⑤内覧の際の対応に気を配る

内覧の際には、人数分(買い手・売り手・不動産会社の担当者)のスリッパを用意しておく配慮も必要です。
スリッパの色や種類をそろえておくと、見栄えも良いでしょう。
空調も適温に設定し、内覧希望者が気持ちよく見学できるよう気を配ることが大切です。
さらに、花や観葉植物を飾ると部屋が落ち着いた雰囲気になり、内覧希望者もリラックスできるでしょう。

この記事も読まれています|終活で押さえておきたい!相続後に空き家になった際の管理方法やデメリット

まとめ

今回は、家に住みながら不動産売却をおこなう方法や注意点、成功のためのコツについてご紹介しました。
住みながらの売却は、空き家にして売却するよりも資金面で有利なため、多くの方が選択する方法です。
住宅市場では、資金面での負担を軽くするために、少しでも高く売却できるようお客様のご希望に合わせてサポートいたします。
練馬区・板橋区・足立区で不動産売却を検討中の方は、ぜひお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ