不動産売却にかかる費用とは?仲介手数料と譲渡費用について

2022-05-31

不動産売却にかかる費用とは?仲介手数料と譲渡費用について

不動産売却では、さまざまな費用や税金が発生します。
なかでも「仲介手数料」と「譲渡所得税」は大きな割合を占めるため、事前に計算方法などを確認しておきましょう。
この記事では、練馬区・板橋区・足立区で不動産売却をサポートしている弊社が、不動産売却時に発生する費用、費用別に計算する方法などについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

仲介手数料も含まれる?不動産売却時の譲渡費用について

譲渡費用とは、不動産売却時にかかった費用のことです。
売主が負担した収入印紙代や登記費用、測量費用、建物の解体費用、立ち退き料、不動産会社に成功報酬として支払う「仲介手数料」も譲渡費用に含まれます。
譲渡費用は不動産売却に直接要した費用であるため、修繕費や固定資産税などの維持・管理費は、譲渡費用に該当しません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

仲介手数料などの費用別!不動産売却時の譲渡所得税

譲渡所得税とは、不動産売却で得た利益にかかる税金のことです。
所得税、住民税、復興特別税の3つの税金をあわせて「譲渡所得税」と言います。
まずは、譲渡所得を以下の計算式で求めます。
譲渡所得=収入金額-購入費-取得-譲渡費用
この譲渡所得に、下記の税率をかけると「譲渡所得税」を求めることができます。
不動産の所有期間が5年以下の場合(短期譲渡所得):譲渡所得×39.63%
不動産の所有期間が5年を超える場合(長期譲渡所得):譲渡所得×20.315%
では、「マンション」「一戸建て」「土地」のそれぞれの譲渡所得税を費用別に計算し、シュミレーションしてみましょう。

所有期間6年のマンションを売却した場合の譲渡所得税

売却価格2,000万円、譲渡費用200万円、取得費1,000万円の場合、譲渡所得税は以下のとおりです。
売却価格2,000万円-譲渡費用200万円-取得費1,000万円=譲渡所得800万円
譲渡所得800万円×長期譲渡所得20.315%=譲渡所得税162万5,200円

所有期間20年の木造一戸建てを売却した場合の譲渡所得税

売却価格5,000万円、譲渡費用100万円、取得費1,500万円、3,000万円特別控除がある場合の譲渡所得税は、以下のとおりです。
売却価格5,000万円-譲渡費用100万円-取得費1,500万円=譲渡所得3,400万円
(譲渡所得3,400万円-特別控除3,000万円)×長期譲渡所得20.315%=譲渡所得税81万2,600円

所有期間30年の土地を売却した場合の譲渡所得税

売却価格1億円、譲渡費用1,200万円、取得費3,000万円の場合、譲渡所得税は以下のとおりです。
売却価格1億円-譲渡費用1,200万円-取得費3,000万円=譲渡所得5,800万円
譲渡所得5,800万円×長期譲渡所得20.315%=譲渡所得1,178万2,700円

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却には、費用や税金がかかります。
不動産売却時の費用について基本的なポイントを押さえておくことで、確定申告をする際にその知識を活かすことができます。
不動産売却についてご不明な点は、弊社にご相談ください。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ