不動産売却時にかかる費用の種類について!抵当権抹消費用も解説

2022-05-31

不動産売却時にかかる費用の種類について!抵当権抹消費用も解説

不動産の売却には、仲介手数料などの費用がかかります。
どのような費用がいくらかかるのか、事前に確認しておきましょう。
練馬区・板橋区・足立区で不動産売却を検討されている方に、不動産売却にかかる費用についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で発生する費用の種類

不動産売却にかかる主な費用の種類は、以下のとおりです。

  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 登記費用
  • 引っ越し費用
  • 測量費、解体費、廃棄物処分費など

不動産売買契約書に貼る印紙には、印紙税が課されます。
印紙の金額は、不動産の売却価格によって異なります。
たとえば、売却価格が100万円から500万円以下の場合は税額1,000円、1,000万円から5,000万円以下の場合は税額1万円です。
また、登記費用には、抵当権を抹消するために必要な登録免許税、司法書士への報酬などが含まれます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却にかかる費用の1つ「仲介手数料」とは

不動産仲介で不動産を売却する場合、仲介手数料が発生します。
不動産仲介では、不動産会社が売主の代わりに売却活動をおこないます。
その結果、買い手が見つかり不動産売買契約が締結された場合、売主は不動産会社に成功報酬として仲介手数料を支払うのです。
仲介手数料には上限額が設定されていて、その範囲内で不動産会社は仲介手数料の金額を決めることができます。
仲介手数料の上限額は、以下の計算方法で算出できます。

  • 売却価格が200万円以下の部分:売却価格×5%
  • 売却価格が200万円を超えて400万円以下の部分:売却価格×4%
  • 売却価格が400万円を超える部分:売却価格×3%

なお、仲介手数料には別途消費税がかかります。
売却価格が400万円を超える場合、「売却額×3%+6万円」で計算することも可能です。

抵当権抹消費用とは

通常、不動産を売却する場合、住宅ローンを完済して抵当権を外さなければなりません。
抵当権を抹消する手続きのことを「抵当権抹消登記」と言い、この手続きには費用がかかります。
この抵当権抹消費用には、おもに司法書士に支払う報酬額と登録免許税があります。
抵当権抹消登記は個人でも申請できますが、不備のないように進めるため、一般的には司法書士に依頼します。
司法書士に支払う報酬は、1万~2万円程度です。
また、不動産1件につき1,000円の「登録免許税」がかかります。
一戸建てを売却する場合、土地と建物の両方に登録免許税が発生するため、2,000円が必要です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却時に発生する費用の種類や金額を知っておくことで、資金不足になることを防ぐことができます。
不動産売却をするための準備として、仲介手数料などの費用について、事前に調べておきましょう。
なお、税金に関する制度については、国税庁が発表している最新情報をお確かめください。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ