相続での不動産売却における注意点と媒介契約をご紹介

2022-06-07

相続での不動産売却における注意点と媒介契約をご紹介

相続した不動産を売却するとき、とくに気を付けることがあるのか不安に感じることでしょう。
一般的な売却と異なり、相続には大切なポイントがあります。
そこで練馬区や板橋区、足立区で不動産売却をご検討の方に向けて、相続での不動産売却における注意点と媒介契約をご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続での不動産売却における注意点

相続で不動産売却をおこなう際には、以下のような注意点があります。

  • 相続人で話し合いを十分におこなう
  • 相続登記の手続きをおこなう

相続をおこなうとき、遺産分割協議をおこなってどのように遺産を分けるのか話し合う必要があります。
1人で遺産を引き取る単独相続であれば問題ありませんが、相続人が複数の場合には土地や建物など現物を分ける方法(現物分割)と遺産を売却して現金を分ける方法(換価分割)があります。
どの分割方法で相続をおこなうのか、また分割割合についても相続人全員が納得できるように十分な話し合いが必要です。
また、相続で不動産売却するとき亡くなった方の名義のままでは売却できないので、名義を相続人に変更する(相続登記)手続きをおこなう必要があります。
さらに、相続での不動産売却では税金の軽減制度や特例があるのであらかじめ調べておくと良いです。
たとえば相続における不動産売却で利用できるものに「相続税を取得費に加算できる特例」や「相続空き家の3,000万円特別控除」があります。
これらは相続から3年が適用期限なので、売却をご検討中の方は3年以内におこなうことがおすすめです。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却での注意点~媒介契約~

不動産売却では、一般的に不動産と媒介契約を結びます。
媒介契約とは、不動産会社が売主に代わり買主を見つけるという契約です。
媒介契約には以下の3種類があります。

  • 専属専任媒介契約
  • 専任媒介契約
  • 一般媒介契約

専属専任媒介契約と専任媒介契約は、契約できるのは1社のみで、レインズへの登録と売主に定期的な報告が義務づけられています。
一般媒介契約はレインズへの登録や定期的な報告の義務はありませんが、複数の業者と契約が可能です。
これらの特徴から、専属専任媒介契約と専任媒介契約は中古や売却を急ぐ方に、また一般媒介契約は新築や立地が良く売れやすい条件の不動産売却に向いています。
また、媒介契約を結んで売却をおこなうほかに、買取によって現金化する方法もあります。
売却は不動産会社が買主を見つける方法ですが、買取は不動産会社が直接買取る方法です。
売却では仲介手数料が発生し売却期間が長くかかることが多いですが、買取は売却期間は短く仲介手数料は不要です。
しかし、買取は市場価格よりも価格が安くなる傾向があります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

相続で不動産売却をおこなう場合、相続人で分割方法や割合など十分に話し合うことや必ず相続登記の手続きをおこなうことなど注意点があります。
また、売却における3種類の媒介契約や買取など、売却方法についても検討しておくと良いです。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ