不動産売却の査定方法の違いと依頼方法について

2022-06-14

不動産売却の査定方法の違いと依頼方法について

不動産売却には必ず必要な査定方法ですが、2種類あることをご存じですか?
売却価格は、不動産の状態だけでなく、周辺の相場なども含めて決定されます。
ここでは、売却価格を左右する、2つの査定方法について違いと依頼する方法をお伝えいたします。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却の査定方法の机上査定と訪問査定の違い

査定方法の漢字からもわかるように、机上査定は現場に行かず書類のみで査定をおこなう方法です。
物件資料を見て査定額を決定するので、精度にはかけるところがあります。
机上査定のメリットは、すぐに査定結果がでるところにあります。
売却を検討中の方や、売却したい不動産が遠方にある方に向いている査定方法です。
また、実際の不動産は見ていないので、査定額はあくまで参考金額と考えた方が良いかもしれません。
訪問査定も、名前の通り現場に直接出向いて査定をおこなう方法です。
机上査定と同じように書類からも判断しますが、実際に足を運んで査定金額を提出します。
査定結果には10日程度かかりますが、精度を求めるなら訪問査定をおすすめします。
また、ご自身でも相場や過去の取引価格を知ることができます。
ご自身で価格を知る場合、公的機関のサイトがおすすめです。

  • 国土交通省 国土交通省地価公示・都道府県地価調査
  • 国土交通省 レインズ・マーケット・インフォメーション

また、サイトに限らずポスティングチラシの情報でも、周辺の売却価格を参考にすることができます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産を売却したいときの査定依頼方法

このように2種類ある査定方法ですが、査定を依頼するには不動産会社に連絡が必要です。
査定というと費用がかかりそうなイメージですが、無料で査定をおこなってもらうこともできます。
また、買い替えで査定を依頼する場合は、新居の購入時期をあわせて考える必要があるので同じ会社に依頼するようにしましょう。
買い替えや購入時の不動産会社の役割は非常に重要なものです。
ローンの依頼や買取保証なども同じ会社であれば連絡がスムーズにおこなえます。
効率よく手続きが進むので、住み替えの事情なども考慮してもらうことができ、離婚をして売却をおこないたいという場合にも周囲にばれにくくなります。
ただし、売却物件と購入物件が違う場所にある場合、同じ不動産会社に依頼する必要性はありません。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

売却したい不動産の査定方法は2種類あるので、求める査定の精度によって依頼する方法を考えたほうが良いでしょう。
また、買い替えをおこなう場合は、不動産会社の連携と役割が大きく占めます。
不動産を売却するときには、相談や査定など信頼のおける不動産会社に依頼してみましょう。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ