土地売却時の測量は必須?おこなわないと売却しづらくなるって本当?

2022-07-05

土地売却時の測量は必須?おこなわないと売却しづらくなるって本当?

土地売却時に必要とされる測量ですが、手間も費用もかかることから測量せずに売却したいと考える方も多いでしょう。
結論からいってしまえば、測量は義務ではありません。
しかし売却後のトラブルを避けるためにも、おこなっておいたほうが無難です。
そこで測量とはなにか、目的や方法、筆界特定制度についてもご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地売却でおこなう測量とは?目的や方法を解説

測量とは、土地の広さや高さ、形などを機械によって測り、図面に表すことです。
必ずしもおこなわなければならないわけではありませんが、トラブル防止のためにも売却前におこなっておくと良いでしょう。
測量するのは測量士や土地家屋調査士という有資格者で、測量後に作成する図面には3つの種類があります。
そのなかでも現況測量図は、簡易的な図面となるため土地売却時には正式な効力を発揮しません。
地積測量図は法務局に登録されている公的な図面ですが、時期によっては隣接地との合意がないまま作成されていることもあるので注意しましょう。
土地売却時にもっとも効力を発揮するのは、確定測量という方法で作成された測量図です。
隣地所有者の立会いはもちろん、有資格者が境界と面積を正しく測りだすため確実性の高さが特徴です。
ただし、費用や時間がかかる点には注意しましょう。
50坪程度の土地で30~80万ほどと、費用相場も土地によって大きく異なるので、事前にチェックしておいてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

隣地所有者が不明な場合の測量は?土地売却できないこともある?

土地売却で強い効力を発揮する確定測量ですが、隣地所有者との立会いのもと実施しなければなりません。
そのため相続などの理由により所有者が不明となっているときには、確定測量をおこなうことが難しくなってしまいます。
土地売買には公簿売買と実測売買があり、一部の取引を除いて測量しなければ売却が難しいことも珍しくありません。
そんなときは、筆界特定制度を利用することを検討しましょう。
筆界特定制度とは、筆界特定登記官が筆界調査委員の意見を踏まえて、現地における土地の筆界の位置を特定する制度です。
ただし、筆界特定制度を利用すると筆界を特定したあとでも解決できない時には境界確定訴訟になるというデメリットもあります。
隣地所有者が不明な場合で、できるだけ早く手間をかけずにすぐに売却したい方は買取を検討してみると良いでしょう。
買取は面倒な手続きが必要ないため、売却までスピーディーに進めていくことが可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

測量とは、土地の形や面積などを測って図面を作成することです。
必ずしもおこなわなければならないわけではありませんが、売却後のトラブルを避ける目的でもおすすめします。
もし隣地所有者が不明な場合には、筆界特定制度を利用する、買取を検討するなどの方法で売却してください。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ