ライフステージの変化による不動産売却のタイミングについてご紹介

2022-09-06

ライフステージの変化による不動産売却のタイミングについてご紹介

家の買い替えはどのようなタイミングで行うとよいのでしょうか。
結婚や出産、子どもの独立のタイミングで家を買い替えようと考える方は多いでしょう。
この記事では練馬区・板橋区・足立区にお住まいの不動産売却を検討している方に向けて、ライフステージの変化による不動産売却のタイミングについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化による不動産売却:出産

出産をきっかけに家の買い替えを検討する人は多いです。
なぜなら、子どもが生まれると家が手狭になるため、出産前に家を売却し、売却資金を元手に広い家を購入できるからです。
出産前に家の買い替えを検討すると、将来の資金計画が立てやすく、子育てをする場所を選べるなどのメリットがあります。
また、出産を控えている、またはすでに出産をしている場合、早く引っ越しをしたいと思っている人もいるでしょう。
その場合は

  • 不動産の査定額より安価で売りに出す
  • 買い手が提案した金額を受け入れる
  • 不動産会社に買取してもらう
  • 自分で住宅の買い手を探す

といった方法を用いるとよいでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化による不動産売却:子どもが独立

子どもが独立後、手広くなってしまった家を手放して、老後の暮らしを考慮した家に引っ越しを考える人も多いです。
老後の生活を考慮した家に住め、利便性の高い都心部に引っ越せるなどのメリットがあります。
夫婦2人でも管理がしやすく、利便性の高い物件を選ぶことが大切です。
また、家を売却する際、リフォームをしたほうが高く売れるのでは?と考える方もいると思いますが、基本的にはリフォームせずに売り出したほうがよいです。
ただ、劣化が激しい箇所に関しては、最低限の修繕を行ったほうがよいでしょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

ライフステージの変化による不動産売却:親が亡くなる

親が亡くなったタイミングで、親名義の不動産を売却する人も少なくありません。
相続した親の家を売却するためには、相続登記をする必要があります。
相続登記に必要な書類は下記のとおりとなります。

  • 遺産分割協議書
  • 登記申請書
  • 亡くなった人の戸籍謄本(出生から亡くなるまで)
  • 相続人全員の現在の戸籍謄本・住民票
  • 相続する不動産の固定資産税評価額証明書・全部事項証明書

なお、遺言書がある場合や法定相続分どおりに相続する場合は、遺産分割協議書と全員の印鑑証明は不要です。
相続登記が完了したら、売却を仲介する不動産会社を選択し、価格設定などの調整をおこなって売却にいたるという流れになります。
また、相続した家を売却する際にも税金がかかります。
家売却にかかる主な税金は以下のとおりです。

  • 譲渡所得税(所得税・住民税)
  • 印紙税
  • 相続登時の登録免許税

譲渡所得税には、相続空き家売却の3,000万円の特例控除があります。
この特例は譲渡所得から最大3,000万円まで控除できる特例で、被相続人が居住用に使っていた家で、死後空き室になる家が対象となります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

ライフステージの変化は家の買い替えを検討する場合の大事な出来事となります。
その時その時のライフステージにあわせて、上手に買い替えをしていくとよいでしょう。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ