不動産売却で支払う仲介手数料とは?相場や計算方法について解説!

2022-09-27

不動産売却で支払う仲介手数料とは?相場や計算方法について解説!

不動産売却のときに不動産会社に依頼し、売却が成立すると仲介手数料を支払う必要があります。
初めて不動産売却をおこなう場合、仲介手数料がどれくらいかかるのかが分からなくて不安に思う方が多いでしょう。
この記事では、練馬区・板橋区・足立区で不動産売却をお考えの方に向けて、仲介手数料とは何か、また相場や計算方法についてもご説明します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における仲介手数料とは?

不動売却における仲介手数料とは、不動産売却を不動産会社へ依頼し、買主が見つかり売買契約に至った場合に限り、不動産会社に対して支払うべき手数料です。
仲介手数料は売買契約が成立した場合にのみ支払う成功報酬なので、買主が見つからずに売却ができなかった場合、支払う必要はありません。
仲介手数料の内訳は、広告宣伝費や担当者が現地まで出向くための交通費などが含まれます。
支払うタイミングは、売買契約時に半分を支払い、不動産の引き渡し時に残りの半分を支払います。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における仲介手数料の相場と上限額とは?

不動産売却における仲介手数料の相場はありませんが、宅地建物取引業法によって上限額は定められています。
しかし、売主からの合意を得たうえで通常の業務以上に費用がかかった場合、別途請求される場合があります。
仲介手数料の上限額(税込)を以下にご紹介します。
売却価格200万円:11万円
売却価格400万円:19万8千円
売却価格600万円:26万4千円
売却価格800万円:33万円
売却価格1,000万円:39万6千円
売却価格2,000万円:72万6千円
売却価格3,000万円:105万6千円
上記の表で、ご自身の売却したい不動産の仲介手数料がどれくらいかかるのか参考にしてみてください。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で発生する仲介手数料の計算方法

不動産売却で不動産会社に依頼すると発生する仲介手数料には、法律によって上限額が定められています。
仲介手数料の上限額の計算方法である速算式を下記にご紹介します。
なお、上限額は売却金額によって変わります。

  • 売却額200万円以下:売却価格×5%+消費税
  • 売却額200万円超え400万円以下:売却価格×4%+2万円+消費税
  • 売却額400万円超え:売却価格×3%+6万円+消費税

しかし、「低廉な空き家などの売買取引における媒介報酬額の特例」があります。
低価格になりがちな空き家の売却価格が400万円以下の場合でも、仲介手数料の上限額は18万円+消費税となります。
この特例により不動産会社側の必要経費がまかなえるようになったため、取引も活発におこなわれるようになりました。
空き家の増加が社会問題となっているなかで、空き家の流通を促すことを目的としています。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

不動産売却における仲介手数料とは、法律で上限額が定められていますが、相場はありません。
仲介手数料の上限額は早見表で確認したり、速算式で算出できたりします。
空き家の売却には特例があり、空き家の流通を促すことが目的です。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ