土地活用で知っておきたい!ホテル経営の仕組みと向いている土地

2022-11-01

土地活用で知っておきたい!ホテル経営の仕組みと向いている土地

ホテル経営は、長期的に収益が得られる土地活用として注目されています。
しかし、すでに全国各地に多くのホテルがあるため、ほかのホテルとの差別化をはからなければ、経営が成り立たないかもしれません。
この記事では、ホテル経営に適した土地や経営の仕組み、さらに土地活用としてホテル経営をするメリット・デメリットについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

土地活用する際のホテル経営の仕組み

土地活用でホテル経営をする場合、「サブリース方式」または「フランチャイズ方式」を選ぶのが一般的です。
サブリース方式は、土地の所有者が建設したホテルを運営会社に貸し出し、経営を委託する仕組みです。
土地の所有者は、毎月一定の賃料を得ることができます。
フランチャイズ方式は、ホテルの運営会社とフランチャイズ契約を結び、ノウハウを得て自分で運営する経営方法です。
宿泊料金からロイヤリティ料や経営指導料を差し引いた金額が、収益となります。

ホテル経営に向いている土地

ホテルを建設するためには、ある程度の広さがある土地が必要です。。
60坪以上ある土地は、ホテルを建設するのに向いています。
そのほかに、駅や商業施設、観光地の近く、高速道路のインターチェンジ付近は需要が見込めるため、ホテル経営に向いていると言えます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用でホテル経営する際のホテルの種類

ホテルの種類には、「都市型」と「郊外型」があります。
都市型ホテルには、ビジネスホテルやシティホテル、大都市圏のテーマパークなどに隣接するアーバンリゾートホテルなどがあります。
一方、郊外型ホテルとは、観光地にあるリゾートホテル、空港構内や空港に隣接した場所にあるエアポートホテルなどです。
立地や需要にあわせたホテルを選択することで、空室リスクを下げることができます。
また、最近注目されているホテルの種類である「コンパクトホテル」を経営するのも1つの方法です。
コンパクトホテルとは、設備を必要最低限に抑えた格安ホテルのことです。
「少しでも安く宿泊したい」「短期間のみ滞在したい」というユーザーに人気があります。
コンパクトホテルを経営する場合、初期費用を抑えることが可能です。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

土地活用としてホテル経営をするメリット・デメリット

ホテル経営のメリットは、安定した収益が得られることです。
ニーズに合ったホテルを経営することで、大勢の宿泊客に利用してもらえる可能性があります。
また、ホテル経営をすることで、相続税などを節税することも可能です。
ホテルの初期費用を減価償却したり、本業の給与収入と損益通算したりすることで、相続税を抑えることができます。
一方、ホテル経営のデメリットは、高額な初期費用がかかることと、競争が激しいことです。
すでに多くのホテルがあるため、集客が見込めないかもしれません。
また、ホテルを建設後、運営会社に経営を委託したくても、委託先が見つからないこともあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

土地活用としてホテル経営をする場合、需要を見極めることが大切です。
経営が軌道にのれば、大きな収益を得ることができます。
まずは、所有する土地がホテル経営に向いているかどうかを見極め、売却やほかの土地活用方法と比較することをおすすめします。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ