空き家が劣化する原因とは?空き家を管理・メンテナンスする重要性

2022-11-08

空き家が劣化する原因とは?空き家を管理・メンテナンスする重要性

人が住んでいない空き家は、劣化のスピードが早く、資産価値がまたたく間に落ちていってしまいます。
空き家が劣化してしまうと、どのようなメリットがあるのでしょうか。
今回は、空き家を所有されている方に向けて、空き家が劣化する原因と劣化することによるデメリット、管理・メンテナンスの重要性についてお伝えします。

\お気軽にご相談ください!/

空き家はなぜ劣化する?空き家の劣化の原因とは

住宅は人が住んでいないと傷みやすくなると言われていますが、空き家の劣化にはさまざまな原因があります。
まず挙げられるのは換気不足、定期的に窓を開けて空気を入れ替えなければ、あっというまにカビが繁殖してしまうでしょう。
空気を入れ替えないと、フローリングや畳、家具なども傷みやすくなります。
また、湿気とホコリがたまっていくことで、害虫発生の原因にもなります。
害虫だけでなく、野良犬や野良猫などの動物が住み着いてしまうこともで住宅の劣化を招くこともあるでしょう。
給排水管やガス管も、長期間使用されていないことで劣化が進んでしまいます。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家の劣化を放置することによるデメリットとは?

空き家が劣化することで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。
まず住宅が傷んでしまうことで、資産価値が下がり、売却の際の査定価格も下がってしまいます。
長年放置されていた事実があれば、内部に欠陥が隠れている可能性も高く、買い手からも敬遠されやすくなるでしょう。
賃貸物件として活用する場合も、住宅の状態が悪いことで、空室リスクが高まってしまいます。
さらに、近隣の住宅に悪影響を及ぼすとみなされると、自治体から特定空き家に指定されるリスクがあります。
特定空き家に指定されると、固定資産税の減免措置が受けられなくなるうえに、場合によっては解体命令がでることもあります。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

\お気軽にご相談ください!/

空き家を劣化を防ぐためには管理・メンテナンスが重要!

最悪の場合、解体命令が出てしまう空き家の劣化を防ぐためには、管理やメンテナンスが重要です。
適切にメンテナンスしていくためには、定期的に空き家に訪れ、空気の入れ替えと水通しをおこないましょう。
給排水管の管理のためには、管内の汚れをとることができる高圧洗浄もおすすめです。
害虫駆除には、こまめな掃除が効果的で、ネズミ対策には忌避剤なども活用しましょう。

弊社が選ばれている理由|お客様の声一覧

まとめ

今回は、空き家を所有されている方に向けて、空き家が劣化する原因と劣化することによるデメリット、管理・メンテナンスの重要性についてお伝えしました。
空き家の劣化にはさまざまなデメリットがあるので、定期的な管理が重要です。
根本的な解決としては、早い段階での売却・買取の検討がおすすめです。
私たち「住宅市場」は、練馬区・板橋区・足立区を中心に不動産の売却をおこなっております。
「できるだけ早く売却したい」などのご要望もお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0120-888-939

営業時間
8:00~20:00
定休日
年中無休

売却査定

お問い合わせ